確定申告の医療費集計フォームをダウンロードするには

確定申告の医療費集計フォームのダウンロード先とダウンロードの仕方について分かりやすく解説しています。ダウンロード先は国税庁の確定申告特集「医療費控除の準備等」コーナーにあります。


医療費集計フォームは、エクセルなどの表計算ソフトで簡単に入力・集計ができるので、医療費の領収書が多い方はダウンロードして使うと便利です。

医療費集計フォームをダウンロード

 
 医療費集計フォームをダウンロードする
 
確定申告で医療費控除を行なう場合、いちばん面倒なのが領収書の整理と計算。1年間に支払った治療費すべての領収書をまとめて、医療費の内容や金額を領収書ごとに1枚1枚、抜き出しながら計算していくので、かなりの手間がかかります。

電卓で計算しても必ず数回は計算ミスをしてやり直すことになります。

医療費控除の集計・計算が面倒だ、という方には、医療費を自動集計できる「医療費集計フォーム」はありがたいフォーマット。しかも無料で提供されいるんですから国税庁さんには感謝です。

ダウンロードした「医療費集計フォーム」は、エクセル(Excel)などの表計算ソフトで読み込めますので、支払った医療費や補てん金など必要項目を入力すれば、医療費の「合計金額」などを自動計算してくれます。

電卓で計算するよりはるかにラクで間違いもありません。

確定申告 医療費集計フォーム ダウンロードの仕方

「医療費集計フォーム」のダウンロード先は、国税庁のホームページ → 確定申告特集 → 申告・納税の手続 → 確定申告書等作成 e-Tax(医療費控除の準備等) と進んで、「 医療費集計フォームをダウンロードする 」をクリックします。

医療費集計フォーム(Excelデータ)

そうしますと 【 医療費集計フォームのダウンロード 】 というページが開きますので、医療費集計フォーム [Excelデータ/124KB ] と書かれた左横にあるアイコン(上記画像の黄色い太線で囲んだ部分)を右クリック。

「名前を付けて画像を保存(V)」でファイルの保存先(デスクトップとかマイドキュメントとか自分で分かりやすい場所)を指定してダウンロードすればOKです。

Mac(マック)をお使いの場合は、ファイルの保存方法は、コントロールキーを押しながらクリックになります。

ダウンロードした「医療費集計フォーム」は、Excel(エクセル)や OpenOffice(オープンオフィス)の表計算ソフト(Calc=カルク)などで開けますので、パソコンにエクセルなどの表計算ソフトがインストールされている必要があります。
 

お持ちのパソコンに
エクセルなどの表計算ソフトが入っていない場合は、残念ながら国税庁の「医療費集計フォーム」をダウンロードしても使うことはできません。

 
医療費集計フォームの入力方法については、国税庁のホームページ(確定申告特集「 医療費控除の準備等 」)に載っていますので、そちらで確認してください。
 

[スポンサーリンク]